2018年05月11日

大蔵流吉次郎狂言会

TS3W1276.jpg
子ども劇場千葉県センター主催のチャリティー公演「狂言」を観に行きました。19時開演の船橋市民文化ホールは満員。大蔵教義さんのわかりやすくて楽しい狂言解説のあと「棒縛」と「伯母ヶ酒」が演じられました。2作品ともお酒に絡んだ失敗を描いていて、子どもも大人も大笑い!狂言は、人間の弱い気持ちから起こる失敗談を題材にするものが多く、それを大らかに受け止めて知恵や勇気で乗り越えるというストーリーになっているそうです。狂言の笑い方を最初に教えてもらったけど、久しぶりに腹の底から大声出して気持ちよかったぁ〜
2020年の東京オリンピックの前に、日本の伝統芸能に触れるのはいいタイミングかも…。袖ケ浦でもやってみたいな〜と思いつつ帰ってきました。 すずめ
posted by 管理人 at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする