2018年11月30日

「ふつう」って何?

TS3W1425.jpg
今日の会員交流会は大人13人子ども4人の参加があり、お茶とお菓子のテーブルを囲んで、「ふつう」について思うことを自由にトーク。
常識的ってこと?人並み?当たり前?一般的?
自己紹介する時「ふつうのサラリーマンです」って言うの、へんじゃない?たいしたことないって謙遜かなぁ。じゃあ「ふつうの主婦です」もかな? 「主婦です」でいいのにね〜 家や環境、時代によって「ふつう」の捉え方はずいぶん違うよね〜 基準なんかないってことか。いい意味でも悪い意味でも都合よく使われてるのかな。
子どものことでは、親の気持ちが決めつけてしまうことも多いよね〜 だから親だけじゃなくいろんな他人が入って子どもを見守ってくれるといいね!親が困っちゃうような子どもの行動も「そんなの男の子はふつうだよ。」と言ってもらって救われた!
私たち自身も、ふつうにとらわれないことが大切。人と比べないこと。自分のことを「へんな人」と思うことで楽になるよ! みんなかけがえのない「へんな人」なのかも。子どもにとってはそれこそが個性。きっと何かの大切な種。それを見守れるような、子どもるーぷでありたいね〜!(リジチョー心の声)
とりとめもなくたくさんしゃべってなんとなくみんなスッキリ… 子どもたちは最後にキットパスで手形作りをして楽しそうでしたよ。次回のテーマ、何にする?提案お待ちしています!
posted by 管理人 at 23:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

わっくぶっく おはなし会

IMG_20181121_212202.jpgIMG_20181121_212320.jpgIMG_20181121_212406.jpgIMG_20181121_212507.jpg
11月も20日を過ぎずいぶん寒くなってきました。
今日のわっくぶっくは初めて来てくれた5ヶ月の赤ちゃんとママ含め5組の親子さんが来てくれました!お昼寝しているかわいい赤ちゃんにちびっこ達も興味津々です。

少しおもちゃで遊んでから中央図書館の方によるおはなし会、手遊びの後、かわいい絵本を4冊読み聞かせしてくれました。
今回もAちゃんが絵本を一緒に持ってかわいいアシスタントに。電車が好きな男の子は「でんしゃくるかな」の絵本を読んでもって本当にうれしそう!読み終わった途端に「もう1回!」とリクエストしてもう一度読んでもらいました!よかったね(*^^*)

最後に図書館で作成したポスターを持ってきてくれて告知を。袖ケ浦市内の図書館には0、1、2歳向けの絵本が中央図書館やおかのうえ図書館には各1,000冊、公民館図書室にも500冊以上あるそうでぜひ親子さんにたくさん読んでほしいとのこと。私も数年前他市から引っ越ししてきて絵本や児童書の充実振りに驚いた記憶があります。早速ポスター貼ったのでぜひ見てくださいね!

ママの作ったお弁当を食べてからまた遊びだすみんな。時にはおもちゃの取り合いもありますが楽しそうにお話しながら遊んでいました。Rちゃんの「折り紙やりたい!」のひと言でママやスタッフも一緒に折り紙タイム。ママ達は栗を折っていました。キラキラ折り紙は子ども達の宝物になったようです。

ご飯も食べていっぱい遊んでそろそろ体力の限界、お昼寝タイムになりそうな頃最後に絵本を読んでお開きとなりました。

次回は12月5日です!また一緒に絵本読んだりおもちゃでたくさん遊びましょう(*^^*)
posted by 管理人 at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

表現あそびワークショップ「ざんさんと遊ぼう」

DSC_0992.jpgDSC_0995.JPGDSC_0996.jpg
アフタフ・バーバンの表現あそび第2弾は、幼児から大人までを対象にした「ざんさんと遊ぼう」。
18日(日)長浦公民館に、大人12人・子ども10人が集まり、2時間たっぷりと遊び合いました。
ウオーミングアップは、子どもチーム大人チームに分かれての「並び替え対決」。背の順・誕生日順・好きな食べ物の字数順など、おまめの1,2歳児が自由に自己表現をする中での勝負はなかなかおもしろかった〜
そしてメインは、4チームに分かれての「ことば探しゲーム」。「ら」から始まる言葉からスタートして、しりとりで次の言葉を部屋の中から探していくというもの。
たとえば ラメ→めんたま→まる→るーぷ…とかラのおと→とけい→いす→スマホ…ってな具合。みんな血眼で探したね〜
 それから「ことばの宝探しゲーム」。
これは、部屋中に隠された折り紙(みんなで一文字ずつひらがなを書いてある)を探し出して、いろいろと組み合わせてことばをつくり出すというもの。そしてその中で一番
の宝物だと思うことばを、それぞれのチーム全員が協力して劇のように表現し合い、大いに盛り上がりました!「スネーク」「いるか」「ワイン」「なまこ」 さて、どんな風に表現したと思いますか??
 最後にざんさんが、ちょっと落語風に「うまうまとのさま」というおはなしをしてくださってお開きになりました。「久々に汗かいた〜」「たくさん笑った〜」「夢中になれた!」などの感想が寄せられ、1歳から○○歳まで、頭も体も心も存分に動いた2時間でした。 ざんさん、また袖ケ浦に来てね!! 
posted by 管理人 at 22:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする