2014年08月30日

ちば県人形劇まつりinならしの

140830_1445~020001.jpg140830_1500~010001.jpg140830_1612~010001.jpg140830_1627~010001.jpg
新習志野公民館までお手伝いに行ってきました。人形劇やパネルシアター、紙芝居にコマ回しなど、どの会場にも親子のいい顔がありました。遠く石川県や愛知県から駆けつけた劇団もあり、その情熱には本当に頭が下がります。
終了後の交流会では、袖ケ浦のわくわく子どもフェスティバルの時に参加してくださったけん玉のルパンさんと手風琴さんがお得意の技を披露!楽しいひとときでした。
人形劇まつりは明日も続きます。夏休み最後のイベントととして出かけてみませんか!待ってま〜す。すずめ
posted by 管理人 at 17:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NPO法人子どもるーぷ袖ケ浦の皆さま、
「ちば県人形劇まつり」お疲れ様でした。

31日にパネルシアターと、ワークショップを行った、
栃木県の「おはなし冒険団」のゼブラで、ございます。

あの時は、いろいろ、お世話に成りました。

最後に、お礼も言わずに、すみませんでした。

また、どこかで、皆様に、お会いできる日を、楽しみにしております。

(ちなみに、手風琴さんが、持っている、梨の妖精バルーンを作ったのが、私です。^^;)
Posted by 冒険団 ゼブラ at 2014年09月05日 20:33
ゼブラさま。
こちらこそ楽しい技をたくさん見せていただき
ありがとうございました。紙コップ人形は早速幼児サークルに
伝授しました!ふなっしーのバルーンも、学童保育の指導員さんに
見せましたよ!きっと子どもたちも大喜びだと思います。
いつかまた、ご一緒させてください。
Posted by すずめ at 2014年09月12日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック